海外おくすりナビゲーション

シアリス レビトラ バイアグラ通販で個人輸入

*

自分で行える簡単で効果的なED予防策

まだ本格的にEDの症状が出ていなくても、そんな心配がストレスになって、実際の時に役に立たなくなるケースがよくあります。若年のEDにはそういった心因性のモノが多く、手っ取り早い解決策として、バルデナフィルやシルデナフィルのED治療薬を利用する方もたいへんに多いのが現実です。もちろん完全にEDになってしまった方には必要な薬ですが、そうでない方が、いつもバルデナフィルなどに頼るというのも問題があるかもしれません。そこで症状の出る前や軽い症状の時から、ご自分で行えるED予防策をいくつかまとめてみます。

一般的にEDには器質性と心因性がありますが、もし器質性のEDを予防するならば、動脈の血流を悪化させるような生活習慣病の改善が有効です。勃起をするには、まず性的刺激を感じ、性的興奮が神経を通じて陰茎に伝達される必要があります。この部分で不具合を起こすのが心因性で、陰茎動脈の拡張によって血液が性器海綿体に流れ込む事を阻害するのが器質性EDだと言えます。そこで器質性EDの予防では、血管の動脈硬化や高コレステロールの抑制がポイントになります。要するに高血圧や動脈硬化や高脂血症などの生活習慣病を予防する事が、そのままED予防につながるのです。ですから適度な運動をして、バランスのとれた食事と禁煙が有効なのです。

それから心因性EDの予防には、人間関係などから起こるストレスを溜めこまずに、上手に解消する事が大事です。ストレスは副交感神経の不活発を呼びます。すると性ホルモンの分泌が低下してしまい、結果として勃起不全を発症させるのです。ですから個人個人にあったストレス発散方法を工夫してみましょう。また自信を持つためのアクションを起こすのも良いでしょう。始めはバルデナフィルなどの薬に頼りながら、成功例を積み重ねていきます。そうする事で性に対する自信が持てる様になり、その自覚が強ければ強い程EDになる確率が低くなります。心因性では何よりも心の状態がポイントになるものです。この様に日頃の努力でEDに成り難い体質や精神力が身に付きますのでお試しください。

 - レビトラ