レビトラは食事の影響を受け難く使いやすい!

画期的なED治療薬として2000年の幕開けを飾ったバイアグラの改良版として、レビトラとシアリスが後を追う様に開発されました。バイアグラの有効成分であるシルデナフィルは、血管拡張作用によるアプローチです。一方レビトラの有効成分はバルデナフィルで、勃起を持続させるcGMPを破壊してしまう物質・PDE5の働きを阻害する作用を持っています。つまりバイアグラがcGMPの代行して勃起力をつけるのに対し、レビトラは勃起障害の原因を解消する作用です、このバルデナフィルは水に溶けやすい性質で、バイアグラやシアリスよりも吸収率がアップしていて、最も即効性があるとされています。

レビトラの効果・効能に関しては以下の通りになっています。勃起作用は性的刺激・興奮を受けるとNO(一酸化窒素)が放出され、局部の細胞内にcGMPが放出されて血管を拡張し、血液を大量に局部に取り込む事で起こります。この放出されたcGMPに阻害作用のあるPDE5という酵素が働くために、cGMPが十分に血管拡張をする事ができず、海綿体が収縮して勃起しなくなってしまうのです。レビトラはこのPDE5をターゲットにして阻害活動をするのです。ここで注意すべきポイントは、レビトラを服用したからといってすぐに勃起するわけではないという事です。あくまでも性的刺激を受け興奮した状態でないと勃起しない事を覚えておきましょう。

また、レビトラには食事の影響を受け難いと言います。確かに胃腸に食べ物があると吸収率が下がりますが、食事のカロリーが700kcal未満で、そのうち脂質が23.3g以下の内容であれば食事の影響を受けないというデータがあります。そこで目安として、牛丼の並盛りが一般的に600kcal強で、脂質を23g程含んでいます。つまり牛丼いっぱい分ぐらいの食事であれば問題がないという事です。ただし、空腹時に服用をした方が効果が高いのは言うまでもありません。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ