バイアグラの成分含有量には2種類ある

日本国内で製造されているバイアグラには、成分含有量が25mgのものと50mgの2種類があります。医師が処方する場合には、ほとんどの場合で50mg1錠を1回分としています。海外生産品には100mgのものもありますが、日本では認可されていません。25mgが処方されるのは、主にEDの症状が軽い場合や、副作用のリスクがある場合です。65歳以上の高齢者や肝臓や腎臓に疾患のある人には、最初は50mgではなく、まずは25mgで健康に異常をきたさないか様子を見るということも行われます。

副作用リスクがある場合には、25mg錠を処方されている人が、自分の勝手な判断で増量してはいけません。逆に50mg処方されている人が減量する分には問題はありません。50mgを半分に割って服用しても問題ありません。バイアグラを試してみて、25mgで充分な効果が得られたのであれば、医師に相談して25mgを処方してもらうようにしましょう。

このように、通常ではバイアグラは治療当初から50mgを処方します。高齢者の方や、肝機能障害、腎機能障害などを持っている人、エリスロマイシンやシメリジンなどの薬を服用している人は、25mgから使い始めることがあります。人によってはバイアグラの服用で重篤な副作用を引き起こすことがあるからです。こういった場合に25mgでは効果が得られなかったときには、医師に相談してみましょう。服用にあたっては、バイアグラの効能を妨げる行動はなるべくしないようにしましょう。たとえばアルコールの摂取のし過ぎや高脂肪の食事は避けましょう。性行為で満足できる結果を出すには、適度な運動も必要です。バイアグラだけに頼るだけでなく、適切な運動をしましょう。筋トレは男性ホルモンであるテストステロンを増加させるため、性行為をスムーズにします。また、腰痛などがあれば性行為自体が苦痛になってしまうこともあります。バイアグラの効果を充分に出せるように生活にも気をつけましょう。定期的に性行為を行うようにすることも重要です。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ