ステンドラの効果的な服用

30分から1時間前の服用を
ステンドラは即効性のあるED治療薬で、その効果は服用後15分から45分程度で効果が現れると言われています。そのため、ステンドラを服用するのは性行為の30分から1時間前を目安にすると、よりよい効果を得ることができるはずです。ステンドラは服用後、30分から45分程度で効果のピークを迎えます。しかし、その後の効果は緩やかに下がっていくため、服用後4時間から長い場合は8時間程度効果が続くと言われています。

水やぬるま湯で服用
ステンドラは、他の錠剤の医薬品と同様に、水やぬるま湯で服用することを考えて開発されています。ED治療薬の効果を最大限に引き出すためにも、水やぬるま湯で服用することを心がけましょう。仮に水なしや水以外の飲み物で服用すると、ステンドラの溶ける速さや体への吸収率が変わってしまいます。そうすると、ステンドラ本来の効果を発揮することはできません。お茶やアルコールで服用することはもってのほかです。ステンドラの効果を十分に引き出したいのであれば、水やぬるま湯で服用しましょう。

食後は効果が薄い
水やぬるま湯で服用されたステンドラは、胃の中で溶けて主成分のアバナフィルが胃から吸収されます。そのことを考慮すると、胃の中に別の食べ物が残っていたら、当然アバナフィルの吸収力は低下してしまいます。特に、肉や揚げ物など脂っこいものを食べた後では、食事に含まれている脂肪分が胃や腸の粘膜へ油膜を張ってしまいます。この油膜は食後6時間から7時間ほど続くと言われていて、これではアバナフィルは吸収されません。ですが、最初に述べたようにステンドラは即効性があるものの持続力もあるため、デートなどでどうしても食事をしなければならない場合は、食事をする30分ほど前にステンドラを服用してしまいましょう。仮に食事前に時間がなかった場合、食後2時間以上経過した後に服用するなど、食事との兼ね合いには注意する必要があるでしょう。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ