効果が長く持続する新しいED治療薬シアリス

アメリカの製薬会社イーライリリー・アンド・カンパニーが2003年に発売したED治療薬がシアリスです。日本では2007年に認可されたまだ新しいED治療薬です。先行のED治療薬であるバイアグラやレビトラと成分が異なり、効果の持続時間も大きく違います。効果はマイルドに長時間持続するので、バイアグラやレビトラの副作用であるほてりが出にくく、軽度のEDに処方されるケースが増えています。

シアリスの作用は、バイアグラやレビトラと同じく、勃起を阻害する酵素である5型ホスホジエステラーゼの働きを抑制します。バイアグラの主成分はシルデナフィルですが、シアリスはタダラフィルという物質を主成分としています。これらの成分の違いは、効果が続く時間と食事からの影響に認められますが、EDへの作用の仕方は同じです。

シアリスの最大の特徴は、効果が持続する時間が、先行のED治療薬よりはるかに長いということです。バイアグラで5~6時間、レビトラで5~10時間が効果の持続時間ですが、シアリスの場合、24~36時間も持続します。1錠で金曜の夜から日曜までの週末を乗り切れるところから、欧米では「ウィークエンドピル」とも呼ばれるほどです。もちろん、その間ずっと勃起し続けるわけではなく、他のED治療薬と同様、性的な高まりや刺激があってはじめて勃起への作用が表れます。

バイアグラは食事の影響を大きく受けるので、服用前は空腹でなければなりませんでしたが、シアリスの場合、食事からの影響はあまりなく、メーカーによると800kcal程度の食事なら服用前に摂っても問題ないとされています。800kcalといえば牛丼やハンバーガーよりはるかに多いカロリー数ですから、食べ過ぎでなければ食後の服用でも十分効果が期待できるということです。ただし、アルコールの摂取はほどほどにしておいた方が無難です。アルコールが直接シアリスの成分と結びついて副作用を引き起こすわけではありませんが、成分の効果を下げる原因ですし、そもそも過度に飲酒した後では健康な人でも勃起力が弱まります。シアリスを服用する場合は、以上の点を留意しましょう。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ