バイアグラが処方されない場合とは?

バイアグラはそれ自体は安全に服用できるED治療薬ですが、希望すれば誰にでも処方されるというわけではありません。持病などがあってバイアグラの使用が原因で副作用を招く危険のある人には処方は禁止されています。

たとえば心臓や血管に疾患を抱えている人です。バイアグラで性行為が可能になったことで、負担をかけすぎてしまうことがあります。心臓疾患の人には、性行為そのものが禁止されていることもあります。また、高血圧であるにも関わらず治療を受けず放置している人にも処方は見送られます。高血圧が改善されていないと、狭心症や心筋梗塞、脳卒中などを起こすことがあります。逆に、血圧が極端に低い場合にも処方されませんし、肝臓の機能が弱っていると判断されるときも、処方はされません。服用し、体内に入った後のバイアグラは最終的に代謝するのは肝臓です。そのため肝臓に過度な負担をかけることになるからです。

バイアグラは勃起を助ける薬ですが、そのメカニズムは血管の拡張です。そのため、心疾患を治療する際に用いられるニトログリセリンといった硝酸剤に分類される血管拡張作用のある薬剤とは併用はしてはならないことになっています。併用することで血管が過度に拡張し、急激に血圧の低下が起きる危険性があり、最悪で死につながります。硝酸剤は、飲み薬だけでなく、舌下錠剤や貼り薬、また吸入剤など様々なタイプがありますが、どれもバイアグラとの併用は禁止です。また、こういった薬を使用していたり、過去に狭心症を起こしたりしたことのある人に対しても、バイアグラは処方されません。これまで狭心症を発症したことのない人でも、処方後に狭心症を発症するというケースもあります。処方後に狭心症の治療をする際には、バイアグラを服用していることを医師に告げるようにしましょう。また、狭心症などの心疾患ではなく、肩コリの治療にも硝酸剤が用いられることもあります。市販されている薬の中にも、併用を注意すべき成分が含まれていることもあります。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ