レビトラ服用と並行してできる自己ED治療

日本人ではここ2、30年間以上を掛けて、徐々に晩婚化の傾向が強まって来ています。また付き合っていても性交渉を持たないカップルや、子供を作らない為とかお互いの人生を犠牲にしたくないなどの理由で性交渉をもたない夫婦もその比率を高めていると言います。そういった時代背景では、若年層のED患者もかなり増えていて、未経験や経験不足からくる不安による心因性の勃起不全になる方も少なくないのです。そんな悩みを解消してくれるのがバイアグラやレビトラといった化学薬品系のED治療薬でしょう。これらの薬の力を借りて、なんとか事態を乗り越えているのが現状かもしれません。

現在のED治療は薬物治療が中心となっていますが、その他にも効果のあるアプローチ方法はあります。しかも自宅で一人で行える方法があるのです。生活習慣の改善がED治療に効果的だという事は昔から言われています。血流の悪化が勃起障害を引き起こすので、その対応策に血管を委縮させたり老化させる活性酸素の発生を抑制する事ができます。タバコやストレス、また酸化作用のある食事を避ける事が効果的です。反対に抗酸化作用の強い食材を中心に食べる事もできます。緑黄野菜のポリフェノールは、最も身近な食材ですのでお試しください。

また運動不足や寝不足も大敵です。これによって全身の血液がドロドロになり、男性ホルモンのバランスも乱れます。特に下半身の血流をアップするには、スクワットやウォーキング、ジョギングなどをすると良いでしょう。また副交感神経を活発にして体や心のリフレッシュをする事も大事です。夜11時から3時まではしっかりと睡眠する習慣を作りましょう。それ以外にも単純にサプリメントを飲む方法もあります。マカやクラチャイダム、トンカットアリ、ムイラプアマにすっぽんエキスなど、バイアグラやレトビアと併用する人も多いです。この様にED治療を体質改善からアプローチする事は有効です。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ