パルデナフィルの価格

パルデナフィルの価格について、商品ごとにまとめてみました。

正規のルートでの購入
まず正規のルートで購入する場合、1,000円から2,000円も出せば購入できます。これは1錠の値段です。
高い!という声が聞こえてきそうですが、実際にこれは高いですね。
まず正規のルートというのは医師を通したルートです。
医師の診断のもと、その改善薬としてパルデナフィルを処方されるパターンがそれです。
正直なところ、この値段では買いたくないな…というのがホンネではないでしょうか。
成分の含有量が少ないほど安く、また一度に多く処方を受ければその分安くなりますが、それでも1錠500円程度の値段になってしまいます。

他の購入ルート
1度インターネットでバイアグラやレビトラなどで検索したことのある方は、これよりも安い価格で販売されているのをご存知だと思います。
国内で医薬品を販売するには許可が必要ですが、直輸入された薬品についてはフリーパスです。そういった背景からこうした商売を行う人々がたくさんいます。
価格も10錠で1,000円、30錠で2,500円といった形で、正規ルートの5倍以下の価格で売られているため、バッタモンじゃないのか?と勘繰るかたもおられるでしょう。
確かに、偽物や粗悪品をつかまされる可能性があります。
それだけでなく、薬品を身体に入れること自体のリスクもあります。
心臓などに持病がある、血圧に問題がある、他の薬を飲んでいるなどの事情がある方は、特にです。

パルデナフィルを含むED薬
パルデナフィルは成分の名前です。
この成分を含有している薬剤ごとに名前がついています。
なぜ違うかというと商標が違うからです。要するに作っている会社や国が違います。
レビトラ、ジェビトラ、ベルデナフィル、バリフなど複数種類ありますが、輸入業者によっては○○国向けの製品というように、意図的に安価で下されている薬品を日本向けに輸入する方法で、安く仕入れているケースもあります。
レビトラはこのなかでも高価です。レビトラのジェネリック薬品であるジェビトラは非常に安く、バリフはさらに安く手に入れることができます。

パルデナフィルを購入するなら安く手に入れたいというのは誰しもが思うところです。ただいきなり輸入業者を利用するのはリスクが高いため、一度医師の処方を受けた後で利用するのが良いでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ