シアリスのジェネリック医薬品はいつ登場するのか

バイアグラより持続期間が長いことで人気の高いシアリスですが、その価格の高さからジェネリック医薬品の登場を待ち望んでいる人も多いです。2014年にバイアグラの特許が切れ、その主成分シルデナフィルを使用した、バイアグラと同じ効果が期待できるジェネリック医薬品が各製薬会社からいくつも登場しました。もともとバイアグラより処方価格の高かったシアリスですが、バイアグラのジェネリック医薬品が安価で手に入る現状にあって、ますます高額な印象が強くなっています。

しかし、シアリスのジェネリック医薬品が登場するためには、製造元のイーライリリー・アンド・カンパニーが所有する物質特許と用途特許の2つが期間満了とならなければなりません。もしくは、何らかの事情で特許が無効になるかですが、いずれにせよ、シアリスのジェネリック医薬品が登場する気配は今のところありません。

また、シアリスの特許が切れた時、どの製薬会社がジェネリック医薬品を発売するのかということも気になりますが、これも想像の域を出ません。ただ、バイアグラのジェネリック医薬品であるシルデナフィル錠を販売するキッセイ薬品、東和薬品、富士化学工業、武田テバなどが、シアリスについてもジェネリック医薬品を検討していることは大いにあり得ます。

それでは、シアリスの特許がいつ切れるのかですが、残念ながらシアリスの製造元・日本イーライリリーや発売元・日本新薬は、特許が満了する期限を明かしていません。ただ、特許庁が公開する情報から、シアリスの特許出願時期が2000年4月と推測できますから、特許期間を20年と考えると、2020年頃という予想が立ちます。もう少し早くジェネリックが登場するのではという情報も業界内では囁かれているようですから、遅くともここ数年内には登場するでしょう。

結論としては、2016年5月現在、日本国内にシアリスのジェネリック医薬品は存在しないということになります。海外製のシアリスのジェネリック医薬品が、インターネット上に多数出回っていますが、偽物も多数あるので避けた方がよいでしょう。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ