バイアグラでどの程度の性行為が可能になるのか

バイアグラは精力剤ではなく、勃起不全の治療薬です。そのため、1回服用してどの程度の性行為が可能になるのかについては、それぞれの男性の生殖機能に依存していると言っていいでしょう。個人差はあるものの、バイアグラの成分は、服用してから約4時間ほどで血中濃度が半減します。だいたい2時間から3時間程度は効果が持続すると考えていいでしょう。勃起は性的に興奮することで起こり、射精によって解消されます。射精して解消されても再び興奮できれば、また勃起が得られます。健康な人や若い男性であれば、何回でも性行為が可能ということになります。ただ、EDを治療している人にとっては、薬効が持続している間だけ可能ですので、2回から3回くらいが限界であると考えられます。

バイアグラの有効率は約70%です。残りの30%の人には効果がありません。現在ではバイアグラ以外にも有効なED治療薬があります。基本的に、既往症や事前の健康チェックで問題がなければ、バイアグラがED治療では第一選択とされるケースがほとんどです。もしバイアグラではなく、他の治療薬を選択したければ、医師に相談してみましょう。

また、バイアグラと性行為の関連性でいうと、射精に影響はありません。射精と勃起のそれぞれのメカニズムは一体ではなく、それぞれに独立しています、バイアグラは勃起のメカニズムに作用します。バイアグラを飲むことで射精に対して影響を与えることは理論上は有り得ません。ただ、今まで勃起力が不足していることによってなかなか射精できなかった人の場合には、射精がスムーズの行えるようになったという印象を持つことはあります。ただし、これはバイアグラによって射精のタイミングが調整できたわけではありません。バイアグラは早漏や遅漏などの射精障害に対しては直接的な治療効果はありません。こうした障害のある人は、それぞれに治療を受けるべきでしょう。バイアグラに過度な期待を持つのは危険です。しっかりと薬効を確認しましょう。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ