バイアグラはどう作用するのか?

勃起のメカニズムはあまり知られていません。そのため、バイアグラについて過度な期待をしたり、また過小評価したりすることにつながっています。バイアグラというED治療薬の効果を正しく知るためにも、勃起のメカニズムについてある程度知識を持った方がいいでしょう。

勃起するには、まず性的な興奮が得られる必要があります。パートナーによる性的な刺激などが必要です。何もないところで自然に勃起が得られるわけではありません。脳が性的な興奮を得ると、それがペニスの勃起神経に伝達されます。すると神経から一酸化窒素が放出されます。海綿体の細胞に放出された一酸化窒素が効果をもたらし、平滑筋拡張作用のあるサイクリックグアノシン一リン酸(cGMP)が生産されます。cGMPは、ペニスの動脈を拡張させます。さらに海綿体の平滑筋を拡張させるので、大量の血液が海綿体に流入することになります。このように海綿体が膨張することで、ペニスは勃起の状態になります。

この勃起したペニスはいずれ時間が経過すれば萎えていきます。その訳は海綿体を構成している細胞にPDE5と呼ばれるcGMPを分解する役割をもった酵素があるからです。この酵素の働きによって、海綿体の血液は流入をやめてペニスはしぼむというメカニズムになっています。バイアグラが効果を発揮するのは、ペニスをしぼませるPDE5に対してです。バイアグラのこの酵素が作用するのを阻害する働きがあります。cGMPの分解を防いで、勃起した状態を継続できるようにしています。ED患者の多くは、cGMPの作られる量が通常より少ない場合や、PDE5酵素の分泌量が多かったりすることが原因です。バイアグラは、PDE5の働きを阻害し、cGMPの働きを増加させるために、EDが改善させることになります。勃起そのものは医学的に生成できるものではありませんが、性的な刺激や興奮を得た男性が、自然な勃起を得て、それを助けてペニスを萎えにくくするというのが、バイアグラの役目です。精力剤や回春剤のたぐいではなく、医学的に効いていくED治療薬です。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ