EDの原因を正確に理解してレビトラ治療を受ける!

性行為中に必要十分な勃起力をキープするには、下半身に十分な量の血液を集中する必要があります。また陰部海綿体に集まった血液の流出を鈍らせて、性的刺激を敏感に察知するための神経が正常に機能している必要もあるのです。この機能を阻害する原因として、一つには動脈が委縮したり老化・損傷して血流量が減少する障害があります。アテローム動脈硬化や糖尿病、高血圧に高コレステロール血症などは血管の機能を低下させる大敵として良く知られています。

また陰茎につながっている神経系が損なわれると、それが原因で勃起障害が起こります。例えば骨盤内や腹部の手術をした時に誤ってその神経を損傷させてしまう事、それから放射線治療や脊髄の病気、糖尿病、多発性硬化症、末梢神経の障害でEDになってしまうケースが少なくありません。他にも喫煙やアルコール、その他に化学薬品や食品添加物の蓄積も神経系の機能を阻害する原因になります。これは現代の若者がEDに成り易い原因の大きな部分を占めているのです。

またホルモンの乱れによって、テストステロン値が異常に低くなってしまし、それが原因でEDになることがあります。ホルモンを乱すのは疲労やストレス、それに性行為に対する過度の不安も要因になります。この精神的な問題は、勃起力に大きく作用して、中折れレベルのEDはほとんど、この心因性だと言えるでしょう。これはパートナーが変わったり、職場の人間関係の困難さ、新しいストレスの発生でも勃起障害の一因になるのです。そのような症状はレビトラなどのED治療薬で解消する事が可能です。レビトラは生態反応による勃起作用を起こしますので、性機能の物理的障害でない限りは、ほぼ確実に効果を表します。この薬の力を借りて複数回の性行為を成功させるば、心因性の問題を払しょくできるのです。いわゆる条件反射的に、服用後に性的刺激を受けるだけで勃起するので、実に頼りになる薬だと言えるでしょう。

バイアグラの効能

バイアグラはED治療薬として高い効果があり、世界初の勃起不全治療薬として知られています。反面、大きなセンセーションを巻き起こしただけに、様々な誤解も生んでいます。代表的な誤解として、服用すればペニスが勃起してくるとか、回春剤であるとか、精力剤の一種であるなどが挙げられます。バイアグラの本当の効能は決して精力剤ではありません。

バイアグラは、ペニスが勃起し持続するのを助けるための補助的な薬です。そのため、まずは本人が性的な興奮を得る必要があります。飲んだだけでペニスが勃起するわけではありません。本人が性的に興奮を得て、それを脳がペニスに伝えます。すると動脈を拡張させて海綿体の平滑筋をゆるめ、海綿体に血液が流入します。こうしてペニスは勃起します。バイアグラは、動脈の拡張を助け、海綿体の筋肉をゆるめる働きがあります。薬効は飲んでから、だいたい1時間ほどでピークを迎え、2時間から3時間ほど持続します。このときも、性的な興奮がなければ勃起は起きません。パートナーがいる場合には、その人に性的な魅力を感じたり、ペニスに刺激を受けたりすることで初めて脳が興奮して、勃起が起こります。そのため、年齢のせいで性欲がなくなってきたと感じる人が服用すると性欲がムラムラと湧いてくるというものではありません。また、バイアグラの効果が持続している最中でも、射精すると勃起は治まります。体力的に元気で、再び性的な興奮を得ることができれば、2回目の性行為をすることが可能な場合があります。いずれにしても、自然な形でも勃起が前提となります。

バイアグラはEDの人の勃起を助けるための薬で、飲むだけで勃起するわけではありません。バイアグラの効果によって、勃起機能が正常な人と同じレベルの勃起が得られると考えた方がいいでしょう。ただし、勃起は意識的にコントロールできるものではありません。同じシチュエーションでも男性によっては興奮を得られたり、得られなかったりします。勃起をコントロールできる薬ではないことは留意しておきましょう。

レビトラ服用と並行してできる自己ED治療

日本人ではここ2、30年間以上を掛けて、徐々に晩婚化の傾向が強まって来ています。また付き合っていても性交渉を持たないカップルや、子供を作らない為とかお互いの人生を犠牲にしたくないなどの理由で性交渉をもたない夫婦もその比率を高めていると言います。そういった時代背景では、若年層のED患者もかなり増えていて、未経験や経験不足からくる不安による心因性の勃起不全になる方も少なくないのです。そんな悩みを解消してくれるのがバイアグラやレビトラといった化学薬品系のED治療薬でしょう。これらの薬の力を借りて、なんとか事態を乗り越えているのが現状かもしれません。

現在のED治療は薬物治療が中心となっていますが、その他にも効果のあるアプローチ方法はあります。しかも自宅で一人で行える方法があるのです。生活習慣の改善がED治療に効果的だという事は昔から言われています。血流の悪化が勃起障害を引き起こすので、その対応策に血管を委縮させたり老化させる活性酸素の発生を抑制する事ができます。タバコやストレス、また酸化作用のある食事を避ける事が効果的です。反対に抗酸化作用の強い食材を中心に食べる事もできます。緑黄野菜のポリフェノールは、最も身近な食材ですのでお試しください。

また運動不足や寝不足も大敵です。これによって全身の血液がドロドロになり、男性ホルモンのバランスも乱れます。特に下半身の血流をアップするには、スクワットやウォーキング、ジョギングなどをすると良いでしょう。また副交感神経を活発にして体や心のリフレッシュをする事も大事です。夜11時から3時まではしっかりと睡眠する習慣を作りましょう。それ以外にも単純にサプリメントを飲む方法もあります。マカやクラチャイダム、トンカットアリ、ムイラプアマにすっぽんエキスなど、バイアグラやレトビアと併用する人も多いです。この様にED治療を体質改善からアプローチする事は有効です。

効果が長く持続する新しいED治療薬シアリス

アメリカの製薬会社イーライリリー・アンド・カンパニーが2003年に発売したED治療薬がシアリスです。日本では2007年に認可されたまだ新しいED治療薬です。先行のED治療薬であるバイアグラやレビトラと成分が異なり、効果の持続時間も大きく違います。効果はマイルドに長時間持続するので、バイアグラやレビトラの副作用であるほてりが出にくく、軽度のEDに処方されるケースが増えています。

シアリスの作用は、バイアグラやレビトラと同じく、勃起を阻害する酵素である5型ホスホジエステラーゼの働きを抑制します。バイアグラの主成分はシルデナフィルですが、シアリスはタダラフィルという物質を主成分としています。これらの成分の違いは、効果が続く時間と食事からの影響に認められますが、EDへの作用の仕方は同じです。

シアリスの最大の特徴は、効果が持続する時間が、先行のED治療薬よりはるかに長いということです。バイアグラで5~6時間、レビトラで5~10時間が効果の持続時間ですが、シアリスの場合、24~36時間も持続します。1錠で金曜の夜から日曜までの週末を乗り切れるところから、欧米では「ウィークエンドピル」とも呼ばれるほどです。もちろん、その間ずっと勃起し続けるわけではなく、他のED治療薬と同様、性的な高まりや刺激があってはじめて勃起への作用が表れます。

バイアグラは食事の影響を大きく受けるので、服用前は空腹でなければなりませんでしたが、シアリスの場合、食事からの影響はあまりなく、メーカーによると800kcal程度の食事なら服用前に摂っても問題ないとされています。800kcalといえば牛丼やハンバーガーよりはるかに多いカロリー数ですから、食べ過ぎでなければ食後の服用でも十分効果が期待できるということです。ただし、アルコールの摂取はほどほどにしておいた方が無難です。アルコールが直接シアリスの成分と結びついて副作用を引き起こすわけではありませんが、成分の効果を下げる原因ですし、そもそも過度に飲酒した後では健康な人でも勃起力が弱まります。シアリスを服用する場合は、以上の点を留意しましょう。

レビトラのインドジェネリック薬に対する評判

ED治療薬・レビトラのジェネリックは、現時点(2016年5月現在)で国内の認可による正規ジェネリック薬がありません。それはレビトラの特許が切れてはいないからです。レビトラは発売になってから20年の経過に届いていませんので、ジェネリック薬の製造権が発生していないのです。しかしすでにインドではレビトラと同じ有効成分のジェネリック薬、インドジェネリックが国内で正式に認可を受け、大量に製造されています。商品名としてはバリフやフィリトラ、サビトラなどがあります。

ジェネリック薬品に関して、インドは独自のスタンスで特許を扱っています。国際的には新薬の有効成分の特許権を20年としていますが、インドでは新薬が出るとすぐに合法的にジェネリック薬が作られるのです。またインドの医薬品メーカーはとても高い技術力をもち、品質の良いジェネリックが作られます。このジェネリック薬のお蔭で数えきらない程の貧しい人々が助けられてきたのは事実です。国境なき医師団もインドのジェネリック薬を使用して多くの命を救っています。

もちろん、特許を持つ医薬品メーカーからのクレームは厳しいもので、そのような圧力から2005年から国際的な特許法に準ずる方向に転換しています。ただし、特許権を有するメーカーと合法的な取引を行い、使用権を受ける事でジェネリック製造の認可を与えています。これを外国の医薬品メーカーが反対しても、インドの法律では損害賠償などの判決は一切受けられていません。そういった理由で、世界のジェネリック医薬品の20%がインドで作られていると言います。日本でも個人輸入という形でなら、インド製のジェネリック薬を購入できます。その中にレビトラジェネリックも含まれています。国際的には批判の多い薬ですが、社会背景を見る限りでは必要性が高いのも事実です。そんなジェネリック薬をどう受け止めるかは、それこそ個人の良心に任せられていると言えるでしょう。

バイアグラは偶然見つかった

バイアグラの成分であるシルデナフィルは1990年代にはすでに開発されていましが、その当時は狭心症のための薬として開発されてたものでした。大規模な臨床試験が繰り返し行われましたが、狭心症の薬としての効果は期待したほどではなく、試験を中止しようとしたところ、被験者が薬を返還したがらないという現象が起こります。不思議に思った製薬会社が被験者に聞いたところ、勃起効果のあることが発覚しました。1998年にアメリカから世界初のED治療薬として販売されました。当初は夢の薬として大きな騒ぎとなっています。

日本はこういった新薬に対して慎重な傾向があります。アメリカでバイアグラは発売されて世界的な話題となり、バイアグラを現地で購入する人や、個人輸入で買い付けする人が増えました。そのなかには、バイアグラとの併用禁忌であるニトログリセリンで治療をしている人などもいたため、死亡事故も発生しました。そのため、バイアグラは日本では異例の速さで承認され、1999年には医師の処方のもと販売されるべき薬として発売が開始されました。反対の多かった事例として、性が乱れることを指摘する団体も多くいたことから、現在でも日本において承認されているバイアグラは25mgと50mgの2種類のみで、100mg配合のバイアグラに関しては海外から個人輸入するしかないという現状があります。

その後ED治療薬としてレビトラやシアリスなどが開発・販売されています。この2つの薬は20mgが販売されていますが、この有効成分の分量でバイアグラの100mgに相当する効果があります。そのため、バイアグラで同じ効果を得るためには、100mgを海外で手に入れるか、日本の病院で50mgを2錠処方してもらうかのどちらかしかありません。コスト面で見ると、バイアグラの処方は若干高めになる傾向があります。近年ではアバナフィルというED治療薬も登場し、これはバイアグラの100mgを遥かにしのぐ効果があります。バイアグラは、日本の医療品の個人輸入の流れを促進したとも言われています。

最近になってレビトラジェネリックの注目度が急上昇!

最近では、効果的なED治療薬としてレビトラジェネリックが注目されています。この薬はレビトラの後発薬(ジェネリック)として同じレベルの効果を持ち、より安価に利用できるメリットがあります。レビトラはバイアグラの改良版で、効果の発動が早いですし、持続時間も3時間以上も長くなっています。また主成分のバルデナフィルは水に溶けやすい性質で、食事の後で服用してもそれなりの効果が期待できるメリットもあります。ですがこれまで、バイアグラの知名度には及ばない存在でした。そんな陰に隠れたレビトラにもジェネリック薬が出始めて、ここにきて新たに注目を集める事になりました。

現時点ではレビトラの10mgが1700円、20mg1錠が2,100円で購入できます。バイアグラもシアリスも1500円以上からのラインナップですので、総じてED治療薬は高額な薬だと言えるでしょう。それに比べてレビトラジェネリックはかなり安値で購入が可能になっています。たとえばジェビトラの20mg1錠は306円で購入可能です。この価格帯は庶民的な価格で、収入の低い方でも常用する事が可能なレベルにまで下がっているのです。

レビトラジェネリックの代表的な種類にジェビトラがあります。インドのサンライズ社が製造しています。またサビトラもインド最大手のジェネリック製薬会社シプラ製で、バリフはもっとも効き目が早く現れるレビトラジェネリックとして人気です。購入方法は、基本的に医師の処方をもって薬局でできます。それでは他の費用も掛かって大変だという方には、インターネット通販を利用する方法もあります。ですが初めはちゃんと専門のクリニックで診察を受けて、適性や利用上の注意点などをしっかりアドバイスしてもらう方が良いでしょう。ネットによる個人輸入は合法ですが、使用上の安全面では問題もあります。副作用などで健康を害さないためにも、できる限りの手は打つ方が賢明でしょう。

レビトラを精力剤代わりに服用する危険性

『バイアグラの50mgはよく使用していたのですが、もっと効果が高いものを使いたくて、バイアグラ100mg相当のレビトラ20mgを試してみました。』この様な体験談が度々ブログなどで語られています。確かにレビトラ20㎎ならば、早い人で15分もあれば十分な効果が出ます。これならばホテルに行く直前に服用しても安心でしょう。それにレビトラは食事にあまり影響されないという利点もあります。デートの成り行きでは、ディナーの時に話が弾んで、その後一緒に夜を過ごす事になるかもしれません。それから多少の飲酒でも効果がしっかりと出る事もあり、臨機応変に対応できるのがレビトラのメリットとして評価されています。

それからレビトラなどのED治療薬は、性行為の最中でも確実に勃起状態をキープしてくれるという信頼感が高いので、その点からもED治療薬を精力剤代わりに服用している方が多い事でしょう。『レビトラの場合は、バイアグラに比べて長時間の効き目がありますので、一度に数回の性交が可能です。終わった後でも少しの性的刺激ですぐに勃起しますので、体力があれば3~5回はできてしまう!』この様な話もあるくらいで、スタミナたっぷりの性行為が楽しめる点をアピールする人も少なくありません。つまりED患者以外の方々にも広く利用されている状況があるのです。

ですが、ひとつ注意しておきたいことがあります。レビトラは人によっては副作用が強く出る事があります。単に顔の火照りや頭痛、鼻づまりといった軽い症状であれば問題もなさそうですが、時には激しい動悸がしたり、呼吸困難になったり、もっと恐ろしい事態も考えられるのです。一般的にはバイアグラよりも副作用の少ないED治療薬と言われていますが、いたずらに性行為を楽しむための、いわゆる強壮剤的な使い方はいかがなものでしょうか。もしEDではない人がさらに精力をアップさせたいならば、市販の和漢方系の精力剤を試す方が安全ではないでしょうか。

レビトラの禁忌事項をチェックしておきましょう

ED治療薬は基本的に強制的に血管を拡張させる事で、性行為に十分な勃起作用を生じさせる化学薬品です。しかも体全体でその作用が起こりますので、頭部や内臓の各組織などでも一時的に血流アップの症状が出ます。ですから、高血圧の方などは慎重に利用しなければ大きな害を受けてしまうかもしれません。もちろん医者の診察を受けながらED治療にレビトラを使用している方にはその心配はいらない事でしょう。しかし個人的に利用をしている方の場合は要注意なのです。くれぐれも自己流では使用しない様にすべきでしょう。

レビトラは他のED治療薬と比べても禁忌事項が多いといわれています。その具体例は以下の通りです。まず、かつてED治療薬を服用してアレルギー反応をしました方はNGとなります。また硝酸剤や一酸化窒素、ニトログリセリン、 硝酸イソソルビド等を投与中の方もNGです。それから心臓疾患や血管系障害のある方、又は性交中に狭心症などを起こした経験のある方も要注意です。

また強い化学薬品という事から、肝機能障害のある方も使用は控える必要があるでしょうし、最大血圧が90mmHg以下か最小血圧が50mmHg以下の低血圧の人もNGとなります。高血圧では安静時収縮期血圧が170mmHg以上ある方は、医師の処方のもとで可能な場合がありますが、そうでなければ控えるべきです。そして脳梗塞・脳出血の履歴が半年以内にある方も要注意になります。

それから、レビトラの併用禁忌薬に関しても知っておきましょう。不整脈の薬でリスモダン、アジマリン、キニジン、アミサリンなどとは併用してはいけません。また水虫の内服薬であるイトラコナゾールなども同様です。それから抗ウイルス薬で治療中の方も気を付けなければなりません。インビラーゼ、カレトラ、クリキシバン、ノービアなどとは併用しない様にしてください。リトナビルやインジナビルなどのチトクローム阻害剤も併用禁忌薬になっています。

レビトラの効果持続はなんと10時間、バイアグラの2倍!

レビトラの効果持続時間は、一般的にいって5時間~10時間と言われています。バイアグラが5時間前後ですから、持続時間が倍近く長くなる事でより安心感が高まっています。しかし単に長時間の効果継続を期待するなら、実はシアリスの方が長いのです。その有効時間は30時間から36時間とされています。ただし、この効果持続時間は有効成分の量でも変わってきます。レビトラの主成分はバルデナフィルですが、10mg錠と20mg錠では作用時間が違うのです。

現在個人輸入で手に入いるレビトラには、10mg錠と20mg錠があります。この数字の10mgとはバルデナフィルが10mg含有されているという事です。バイエルンの公式発表では、10mg錠の作用時間が5~6時間あたりになっています。そして20mg錠の作用時間は8~10時間です。要するに主成分バルデナフィルの量に比例して、持続時間も2倍近くにアップする事になります。効果が10時間もあれば、夕方の空腹時に服用しても夜中過ぎまでたっぷり余裕があるでしょう。これはナーバスな男性には有難い効果です。これによって、無理に時間内に性交渉をしようと焦る事が無くなるかもしれません。

とはいっても、主成分バルデナフィルの量が2倍になるという事は、効き目の強さや副作用も倍加するという事です。ちょっと困るくらいの勃起効果が出るかもしれませんし、ほてりや頭痛などの副作用も強く表れるかもしれません。はっきり言えば、レビトラの様な強い化学薬品は、使用を誤れば危険な健康被害に及ぶ可能性があるという事です。この点は十分に理解しておくことをおすすめします。

ですから、レビトラをはじめて使用する場合は10mgから試す様にしましょう。基本的には医師の処方のもとで適正に利用する方が安全でしょう。ただし、ED治療薬は保険外という事もあり治療費もかなり高めになります。それで個人輸入をする方も少なくはないのです。個人輸入は合法ですが、使用方法を守る注意を怠らない様に注意をしましょう。